追蹤
蘋果樹 養微生物
關於部落格
北海道の丘の上に建つ小さな家に、親子四人。 リンゴの木が踊る庭に、犬一匹。
                    
肌で感じる四季の風物詩。.幸せそのものの彩り
  • 10928

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

千方萬象的風

千方萬象的風

請別在我墳前悲嘆
因為我其實並不躺臥在那裡
我已化身為千方萬象迴旋的風

我會化身為雪地上如鑽石般閃爍晶瑩的微光
化身為預告豐饒的陽光
化身為柔情撫觸的秋雨

當你在清晨微光中清醒
我將化為飛燕迴旋輕舞
也將化為輕柔星光點亮夜晚

請別在我墳前悲嘆哭泣
因為我其實並不躺臥在那裡
肉身雖已不在,但我仍環繞在你身旁

(原文英文 作者不明)

A THOUSAND WINDS
千の風の詩

Do not stand at my grave and weep,
私の墓標の前で嘆き哀しまないで
I am not there, I do not sleep.
本当の私はそこには眠ってないのですから。
I am a thousand winds that blow,
私は、千の風になってこの世を廻ってます。

I am the diamond glints on snow,
ある時は、ダイアモンドのようにきらめく雪になり
I am the sunlight on ripened grain,
またある時は、豊かな実りを照らす日の光になって。
I am the gentle autumn's rain.
そしてまたある時は、柔らかで優しい秋の雨になってあなたに降り注いでいるのです。

When you awake in the morning hush,
あなたが朝の閑けさの中、目覚める時、
I am the swift uplifting rush of quiet in circled flight.
私は、静かに舞い上がり、急いで飛び立つつばめになっているでしょう。
I am the soft star that shines at night.
そして、夜には、優しく照らす星の光になっているのです。

Do not stand at my grave and cry.
どうか私の墓標の前で泣かないで
I am not there, I did not die.
私は、そこにはいないのです。
現し身の私が死んでしまっても、本当の私は死んでないのですから・・・。
相簿設定
標籤設定
相簿狀態